02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

生食セミナー

2010年03月24日
「生食セミナー」で、ワンコの生食について学んできました。



以前、ココットが子犬の時期に、生食を試しました。
が、偏食気味のココットはあまり食べてくれず、断念し、今まで、ランフリーさんの、ドライフードを与えていました。

最近、ココットの歯石が気になり、さらに、アレルギーの様な症状(目の周りが赤く腫れて痒がった)があった。
食事について、再検討中、いまりを迎えた事もあり、再度、生食にチャレンジしようと思いました。

以前は、ネットで調べた情報を元に、生食を与えていましたが、
きちんと、生食を学んでからと、思った次第です。


今回学んだ「生食」についてのまとめ。

1.なぜ?生食が、ワンコによいのか

 犬の祖先は、狼。 狼は獲物を捕って、生肉を食べる。
 現代の犬の遺伝子と、狼の遺伝子の違いは、わずか2%
 私達人間と人間(他人同士)の遺伝子の違いより、違いが少ないのです。
 狼と同じ様な食事が、犬にとって自然な食事なのです。

2.加熱食がなぜワンコによくないのか

 加熱すると、食物が持っている酵素の多くが損なわれる。
 その為、消化するのに、胃腸に負担がかかってしまい、嘔吐や、下痢の原因となる。

3.なぜ野菜が必要なのか

 狼は、草食動物の内臓(胃袋)も含めて食べています。
 その、内臓内にある野菜の栄養も、狼は摂取しているのです。

4.生食にすると良いこと

 歯石がなくなる
 アレルギーが改善する(涙やけもアレルギー反応らしい)
 免疫力が高まる

等々、まだまだ、ありますが、ここまでにします。


とりあえず、生食を始めるにあたって、骨付き肉を与えてワンコ達の反応をみました。
骨付き肉は、ワンコの歯石予防、ストレス発散にもってこいらしいです。
IMG_9548.jpg
やっぱり、ココットは、恐る恐る、食べ始めました。


いまりは、本能で、バリバリ、食べます(笑)
IMG_9565.jpg

いまりの倍の時間を掛けて、やっと、ココットも、かぶりつき~
IMG_9549.jpg


生のお肉が大丈夫だったので、本格的に生食の準備だよ~



無農薬の野菜
IMG_9491.jpg

生でも食べられる、無投薬の地鶏
IMG_9571.jpg

生食には欠かせない、天然オイル
IMG_9569.jpg


1週間、生食を試してみました。

ココット: 前に試したときとは、見違えるくらいの、食いつきです。
いまり: 言うまでもなく、すごいです。 フードボウルまで食べちゃいそうな勢いです。



生食が全てのワンコに合うとは限りません。
やはり、長年、ドライフードに慣れてしまっているワンコには、生食がかえって負担になる場合があるようです。
生食に切替える場合は、充分な注意が必要です。




スポンサーサイト
ココットといまりの日常 | コメント(6)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。